ムートンの製造会社の舛田社が仕入れている原皮は、すべてオーストラリア メルボルンのベンディゴに集められたスプリングラムと呼ばれる、一度も毛刈りをしていない生後5ヶ月未満を選別してしいれています。その現地へ舛田社の舛田常務と同行して視察してきました。

HOME  > ムートン専門ショップ > オーストラリア視察記
オーストラリア視察記
ムートンの生産地 オーストラリア南部「ベンディゴ」へ

メリノ種 生後5ヶ月未満の「スプリングラム」を求めて・・・。

●ムートン製品を販売させていただいてから、オーストラリア産のメリノ種のスプリングラムとは?アンショーンラムとは?どの様な子羊なのか?写真で見たことはありますすが、実物を観て見たい!と思っておりました。実物の子羊を観て本当の毛色や品質などを お客様へご紹介したい!と、ずっと心で思っていた、このムートンの故郷「ベンディゴ」へやって来ました。

 
9月頃にスプリングラムのセリが行なわれます。



●今回は、舛田社の舛田常務さんと同行させていただきました。

●舛田さんは、毎年この時期にのみ収穫される 何万頭ものスプリングラムの子羊の中から、一頭づつ目を通して確認しながら「上質な毛質を持った子羊の毛皮」だけを仕入れていきます。
●この3ヶ月間で一年分を仕入れて確保しなければならないので、上質な毛皮を確保することはとても大仕事なのです。
 
舛田社の舛田常務と私
舛田社の舛田常務と私
毛質の良し悪しを教えていただきました。

●メルボルン郊外の「ベンディゴ」

●メルボルンから車で約2時間ほどの所に「ベンディゴ」街があります。道中、高速道路の両サイドには、ずっと牧場が広がっています。この広大な敷地の中で羊たちは自給しながら生きています。
 

●畜産組合のセリが行なわれる会場

●この時期になると、毎週月曜日には約30,000頭もの「スプリングラム=生後5ヶ月未満の子羊」が運ばれてきます。
 
羊を運ぶ大型トラック「コンボイ」です。
●この大きなトラックで郊外から羊たちを運んで来ます。



●羊たちの搬入・搬出風景

●順次、トラックから羊たちを降ろしていきます。

●セリ場の風景

●毎週月曜日にこの会場に何万頭もの羊が運び込まれ、各農場別に分けられて、順次セリに掛けられていきます。
●今期に生まれた「スプリングラム=生後5ヶ月未満」は、8~10月にしか収穫されないので、この3ヶ月間で一年分のムートンを仕入れをします。
 
すべて生後5ヶ月未満のスプリングラムです。
セリ落とされた羊たちは、別の柵へ移動されます。
セリをしている風景

●オーストラリアの原皮輸出・加工業者さんと

●ムートンの品質の良さを左右する大事な原皮を仕入れる為に、真剣にそして厳しく仕事に取り組まれておられました。
 
●生後5ヶ月の「スプリングラム」は、体重が約20~25Kgほどあり、性格はおとなしくて とても神経質な動物です。人が近づくと一定の距離を保とうと走り回ります。
 

●オーストラリア産メリノ種「スプリングラム」

●この子羊たちが「メリノ種」の生後5ヶ月未満の「スプリングラム」です。
●まだ一度も毛刈りをしていない「アンショーンラム」と呼ばれ、お肉も柔らかくとても美味しくて、羊の中では特に高値で取引されている子羊になります。
●ただ、やはり生き物ですので羊たちにも個体差があり「ムートンシーツ」や「ムートンラグ」と言った何頭もの毛皮を使うムートン製品には、特に同じ毛質で上質のものを揃えないといけません。その為に、この約35,000頭の中からでも上質のものは約1%ほどしか取ることが出来ません。
 

●視察を終えて・・・。


★今回の視察を終えて、舛田さんが仕入れられるムートンの原皮は、本当に高品質な原皮のみしか仕入れておられないこと、厳選の中の厳選された原皮しか使われていないことを、改めて知り感動しました。

★何万頭もの数多くの中から、いかに高品質なムートンの原皮を選んで仕入れられるか!は、舛田氏の経験と努力の賜物であり、このことがいかに難しいことで重要な点あることが、今回の視察でよく解かりました。
これからは、皆様へこの素晴らしい「ムートン製品」をご紹介できる事が誇らしく嬉しく、グートンの私にはこの舛田社のムートン製品をお客様へお届けする使命があるんだ!と強く思いました。

        ムートン専門ショップ/グートン  出口 雅昭
このページの上へ